Bleikur Swim Team

コーチの紹介

久我学

幼少期の3歳から水泳を始め、 東京スイミングセンターで泳ぎの基礎を学ぶ。

中学生時代は一度水泳から離れたが、高校に入り部活動で水泳を再開。 部活動では、コーチ不在の環境のため自分自身で泳ぎを見直し、 トレーニング方法を調べ、高校3年生で全国JOCジュニアオリンピックカップに出場する。 自分自身で成長する経験が、自身の指導コンセプトでの重要な「Think(思考)」の基になっている。

大学時代は体育学部でトレーニング論等を学ぶ。 解剖学ゼミでは身体構造を中心に学び、泳ぐ上での体の動きへ活かしている。 大学の水泳部でも専属コーチはいない環境であったため、 自由形短距離・中距離パートの選手兼練習長として大学1年秋から大学4年引退までの3年間、 年間計画や日々のメニュー作成を担当。

社会人となり、始めはIT業界でソフトウェア開発等をする傍ら、 水泳はマスターズスイマーとして趣味で続ける。 マスターズ時代も高校時代の経験を活かして自らの泳ぎを見直し、 限られた時間の中でのトレーニングと向き合い生涯ベストを更新する。

【指導歴】
・2010年1月~2017年9月
某水泳個人レッスン会社にて取締役として運営面などに携わりながら、 競泳指導主任として競泳の個人レッスンに特化し、約250名に対し5,000時間を超える指導をおこなう。 スイミングクラブの4泳法習得後のお子様からジュニアオリンピックで優勝や日本代表レベルまで幅広く対応。 成人の基礎水泳からマスターズ出場者も対応。

・2017年10月~
自分自身で個人レッスンを開始

・2021年8月~
自分自身での個人レッスンも継続しながら、マスターコーチ兼BSTの運営支援として参画を開始

名前 久我 学(くが まなぶ)
コーチランク マスターコーチ 兼 運営担当
生年月日 1982年7月14日
趣味特技 ・ディズニーの雰囲気が大好き(家族でよく行きます)
・一人映画鑑賞
専門種目 自由形短距離
出場競技 【主な出場大会】
・全国JOCジュニアオリンピックカップ(2000)
・関東高等学校水泳競技大会(2000)
・日本学生選手権水泳競技大会(2001~2004)
​・ジャパンマスターズ等(2005~)